インタビュー&コラム
INTERVIEW

2020年12月29日マザーズ上場、オンデック 代表 久保氏が語る上場体験談


大阪で産声を上げて15年、オンデック上場

2020年12月29日、年の瀬も迫るころ、大阪でその年最後の上場企業が誕生しました。M&A仲介・アドバイザリー業の株式会社オンデックです。クオリティの高いコンサルティングに定評があり、案件の実に9割が紹介によるというオンデック。2005年の創業から15年後、東証マザーズ市場へ上場を果たします。

なぜ、オンデックは上場したのでしょうか?
上場時に最も苦労したことは何でしょうか?
そして上場後見えた世界とは?

オンデック 代表取締役社長 久保氏が上場体験談を語ります。


会社概要

会社名:株式会社オンデック
代表者名:代表取締役社長 久保 良介
本社所在地:大阪府大阪市
創業:2005年7月
事業内容:M&Aに関する仲介、アドバイザリー業務/企業及び事業の再生、再構築に関するアドバイザリー業務/企業、事業のデューデリジェンス業務
資本金:3億7,272万円
従業員数:40名
証券コード:7360
※2021年1月31日時点


記事提供元

クラウド会計なら勘定奉行のOBC

56万社の豊富な導入実績に加え、過去5年、IPO実現企業の半数以上がご採用。
法改正など業務ご担当者が知っておくべき情報も全国セミナーでタイムリーにご提供。
業務標準化、生産性向上は奉行シリーズにおまかせあれ!