インタビュー&コラム
INTERVIEW

『徹底した経営者目線で、全体最適をはかる「なんでも屋」』 CFOインタビュー


「食の観点から、誰もが安心して歳を重ねていける社会を作る」として、高齢者向けの配食サービスを手掛けている株式会社シルバーライフ。生きるためになくてはならない食事。特別なものではなく日常的に食べる料理を、高齢者の方が年金だけで食べられるようにと工夫されています。このような社会課題の解消に邁進されている同社。今回は、取締役管理部長の今尾次郎氏にお話を伺いました。

自分を変えなければならないと考え、苦手な道へ

― 新卒では、日本政策金融公庫に入庫していますが学生時代から金融業界を志望していたのですか?

いえ、そうではなかったです。むしろ最初は全然違う流通業界に行きたかったくらいなので。

私はコミュニケーションといいますか、人と話すのが正直苦手なんですよ。なのであまり人と話さなくて良い仕事をしたかったんですけど、やはりそれじゃいけないんじゃないかと思い直しましてね。それでまず人と話をする機会のある業界に目を向けました。

その中で金融機関を選んだのは、企業経営者の仕事のパートナーになれるというところで貴重な経験も積めますし、じっくりコミュニケーションを取って大事なことを進めていく仕事なので、非常に魅力的だと感じ自分を変えられる環境であるだろうと思ったからです。

― 実際に苦手な道に飛び込んでみて、いかがでしたか?

最初はやはり苦手意識もありましたし、右も左も分からず大変でしたけど日々話をする経営者の方は融資がどうなるかで会社が変わってしまう場合もあるわけで、その中で本気で話をするのは、責任も伴うし勉強にもなりました。でも営業成績は散々でしたね。

そのなかで、転機になったのは転勤して中小企業のメッカである東大阪支店に行ってからです。その当時、すごく営業成績の良い先輩がいたんですよ。端から見ているとなぜ成績が良いのか分からなかったんです。明るく元気でハキハキしているようなタイプでもなかったですし。でも、なぜか抜群に成績が良いしお客様の評判も良い。なぜなのか注意深く見ていたら、その先輩は個人で税理士の勉強をされていて、その税務や会計の知識を元に、コンサルのような形でお客様の経営数字を分析してアドバイスしていたんです。

それを見て、自分の得意な部分を前面に出して活かしていくことが大事なんだと気づきました。でも自分には会計の知識はないしどうしよう?と思ったときに、自分が持っているのはスピードかなと。

経営者目線で融資までのスピードを重視。仕事のスタイルが固まって軌道に乗り始める

― スピード重視で、具体的にどういったことをされたのですか?

実際に融資を行うまでのスピードを速くしました。融資のご依頼をするときは、みなさん少しでも早く融資決定の返答が欲しいですよね。そのために何が必要かを、訪問前から徹底的にシミュレーションしていきました。

通常だと、1回目の訪問でヒアリングした内容を元にどんな形の融資がベストか持ち帰って検討するんですけど、そうではなくあらかじめこういう話になるだろうと、いくつかのパターンを予測して、融資の条件とか全て決めておいた上で訪問していたんです。

そうしていくと、訪問して想定通りの話が出たときにもうその場で答えを出せるんですよ。それならこの条件でお約束出来ますと、その場で。契約日まで固めていました。経営者の方はみんなびっくりされていましたね。えっ?持ち帰らなくていいの?って。

― そうですよね。融資には結構時間がかかるイメージでした。

普通はそうです。契約日まで決めるのに通常は最低でも1週間くらいはかかっていましたからね。その代わり、私は支店に戻ってからその日のうちに稟議書を必死に書いていましたけど(笑)

― シミュレーションするのもただ考えただけでは外れもあるし難しいのではと思うのですが、どんなことに気を付けていましたか?

自分がその会社の経営者だったらどうするか?ということを考えましたね。同じ目線でその会社の今後を考えて、その道筋に沿ったシナリオを想像していきました。そのおかげで、経営者のみなさんと経営の中身の話も出来るようになって来たのがこの時期ですね。